万が一を考える

グループ保険などの活用によって保険料の節約が可能です

自動車を保有していれば自動車保険に加入していますし、住宅を保有していれば火災保険に加入していますので、損害保険は必要に応じて付保されているのが一般的です。一方で、同じ保険に加入するのであれば、保険料を削減したいというニーズは根強いです。保険見直しで保険料を削減できるケースが少なくありません。個人向けの損害保険は単純な保険料の値引きはできませんので、団体割引が有利です。勤務先のグループ保険や団体割引が利用できないか、それを確認するだけで保険見直しが可能になります。自動車保険は自動車を購入したディーラーで加入するケースが多く、火災保険は自宅を購入したハウスメーカーで加入するケースが多いので保険見直しの余地があります。

損害保険は必要な補償がカバーされていることが重要です

保険見直しは保険料の削減だけが目的ではありません。必要な補償がカバーされていることも確認したいものです。補償内容の確認は保険証券などでも可能ですが、それで十分な補償があることを確認するためには、損害保険代理店に相談することが得策です。特定の保険会社の商品だけを扱っている保険代理店よりも複数の保険会社の商品を扱っている保険代理店の方が商品の比較が可能である点ではメリットがあります。しかし、補償が足りていることの確認だけであれば、保険会社に直接確認することもできますし、加入した保険代理店に確認することもできます。損害保険は基本的に掛け捨ての保険ですので、万一の事故に備えるという意味では補償内容の確認は重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加